タユタマ-kiss on my deity-

夏越える前に終わったーw

前作のシリアス+初期のコメディが合わさった作品って感じですかね?
シリアスかと思ったらコメディーにw
そのギャップが楽しめましたw

キャラ紹介~♪
河合 アメリ
元気っ子代表!
祐理の幼なじみで、いつも一緒にいることが当たり前な子
自分が興味もったことには全力投球で向かっていき
面白いことが見つかると、祐理を連れていくトラブルメーカー

ましろが現れて、祐理が取られると思い最初はすごく対立してます。
が、ひと段落すると仲直り~♪
クセはすぐに拳が出る(ぇ

泉戸 ましろ
500年前の自分からの願いでタユタイから人間になった女の子
生まれたばかりなのにナイスバディ
祐理のことを慕っており、それはもう夫婦の関係w

獣耳つきだが、修練となると鬼コーチにw

小鳥遊 ゆみな
ロリ担当ー
落ち込むと自分をどこまでも奈落のそこに落としていく子
祐理の親父にすぐからかわれるて、だまされやすいですw
祐理のことをお兄ちゃんと呼び、息はぴったり♪

友達は少ないが、すっごくいい子
お兄ちゃんのためなら空を飛んでどこまでも!

如月 美冬
フローレスのミレディとも呼ばれる、お嬢様
その気品は誰からも尊敬され、誰からも憧られる
まさに貴婦人とはこういうことかーと思われる。
祐理には自分には持ってない何かに惹かれていく

何でもしってそうなのだが、世間の細かいところまでは行き届かず
少々固い考えを持っている。
しかし、興味を持ったことに関しては極めるまで挑む心意気

泉戸 祐導
今作の主人公ー・・・ではなく、その親父w
いつもちゃらんぽらんだが、ここぞと時に助けてくれる人
いつでも、息子のことを心配している(ぇ

応龍
タユタイの三強の一人
人間なんかほろんでしまえーとか思っているように見えるが
ほんとはツンデレの源流
人間を助けるためには手段を選ばない超ーいい人(人?
なんだかんだいって助けてくれます。


シリアスの展開キター!と思ったらコメディーかよ!
とくにアメリルートの応龍が殴られてどんどんぼろぼろになっていくのが最高だったw

あとはゆみなルートの親父がめっちゃすげぇ!
息子のことはどうでもいいーといいながら
いざ、息子が後を継いでくれると本気で決意したら、めっちゃ喜んでる姿がほほえましかった
親父・・・ほんとは後をついで欲しかったんだな・・・。
しかも、主人公達が学校を休学しようと説得されたら一言で覆すしw
「貴様は逃げ道があったらずるずる落ちていくだろうが!」
・・・すいません、もっともです。
エンディングで花見をしているとこに、みんなが徐々に集まって来るとこで感動しましたw

美冬先輩ルートのアメリもよかった。
美冬との中がうまくいってないと全力でサポート!
あぁー・・・そこまでできる子・・・愛は偉大だw

ただーアメリのキャラは最高なのにーなんでエンディングが消化不足なんだよー
あのエンディングは納得しねぇ! アメリが納得しても俺がしねぇー!(ぉぃ

キャラのランク(ヒロイン)
アメリ>>>>>>>美冬>>ゆみな>>>>>>ましろ
キャラのランク(全体)
アメリ>>応龍>>>美冬>>ゆみな>>親父>>>>ましろ

・・・あれ?なんか応龍すっごく上にいるんですがw
あとメインヒロインがすっげぇー下にいるのは・・・仕様ですw
[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by dariasu | 2008-08-03 22:48 | レビュー

<< ナイトウィザード 最近の献血は・・・ >>